Nobuko Miyairi

Scholarly Communications Consultant/Analyst (Library and Information Studies)

Tokyo, Japan

Nobuko Miyairi is a freelance consultant/analyst, based in Tokyo, Japan. She provides strategic consulting for new business development and start-up in STM publishing and scholarly communications. Her service caters to a wide range of needs from academic societies, research institutions, publishers and solution vendors. Nobuko advises Paper Digest (http://www.paper-digest.com/), an AI-based article summarization service which was awarded the Catalyst Grant by Digital Science in 2018; People’s Choice Award at the Society for Scholarly Publishing (SSP) 41st Annual Meeting. Previously Nobuko held positions at ORCID as Regional Director, Asia Pacific; Nature Publishing Group (now Springer Nature) as Head of Custom Publishing & Solutions, East Asia; Thomson Reuters (now Clarivate Analytics) as Principal Consultant, Business Development, East/South/Southeast Asia. A librarian by training, Nobuko earned an MLIS from the University of Hawaii at Manoa.

Achievements

Submitting data during Open Access Week 2016Open in action

Publications

  • Bibliometric characteristics of highly cited papers from Taiwan, 2000-2009 DOI: 10.1007/s11192-012-0722-9
  • Global Research Report - Japan
  • Regional Citation Indexes: A Global Research Priority
  • 「サイテーション・インデックス前史」に寄せて DOI: doi:10.1241/johokanri.52.112
  • インパクトファクターの仕組み : 学術ジャーナル指標と論文評価について(特別講演4,第53回日本歯科理工学会学術講演会) ISSN: 02865858
  • All about Impact Factor(第3回・最終回)インパクトファクターとコア・ジャーナル--放射線科領域を例として ISSN: 18811388
  • 科学の世紀:Web of Science®からよみとる日本の20世紀科学研究 DOI: 10.1241/johokanri.50.446
  • 統制語索引と自然語検索を補完する Citation Semantic の効用 ( 統制語彙・シソーラスの現在) ISSN: 0913-3801
  • All about Impact Factor(第2回)インパクトファクターをはじめとする雑誌評価指標--放射線科領域を例として ISSN: 18811388
  • Citation analysis: trends of scholarly journals in agricultural sciences and related fields.
  • 動向レビュー:オープンアクセスのインパクト分析
  • 学術論文のインパクト : 引用データの有用性 ISSN: 13443542
  • 第 175 回インパクトファクター雑感 (INFOSTA Forum) ISSN: 0913-3801
  • An analysis on Taiwanese papers in ISI databases: effective use of citation data for research evaluation
  • “Maintaining high-quality scholarly information: Journal selection standards” abridged translation and explanation DOI: 10.1241/johokanri.47.644
  • “高品質な学術情報の収録のために:ジャーナル選択の基準”抄訳および解説 DOI: doi:10.1241/johokanri.47.644
  • 引用動向からみたレビュー誌およびレビュー論文 ( レビュー誌の現在) ISSN: 0913-3801
  • 特許引例の視覚化における考察: ビブリオメトリクス概念の活用 ( 情報の視覚化) ISSN: 0913-3801
  • ISI公開シンポジウム 研究評価への応用のためのISI社引用分析の展開:その特性,解釈,誤用 ISSN: 03862062
  • ORCIDアウトリーチ・ミーティング in 東京 DOI: 10.1241/johokanri.57.765
  • オープンサイエンスと科学データの可能性 DOI: 10.1241/johokanri.57.80
  • 「サイテーション・インデックス前史」に寄せて DOI: 10.1241/johokanri.52.112
  • インパクトファクター偏重からの脱却
  • PIDs in the era of AI: service provider perspectives
  • ORCID in PIDapalooza 2020: review & personal reflections
  • Academic startup co-creating values in the scholarly communication ecosystem
  • Paper Digest: Our Journey So Far
  • 新世代の学術文献データベースが切り拓く可能性
  • PIDs 101 ビギナーズガイド:永続的識別子
  • みんなが知りたい!ORCID
  • ORCID:実践コミュニティが支える研究者情報基盤
  • PARSEC Data and Digital Output Management Plan and Workbook
  • PARSEC DDOMP Workbook Checklist
  • Blog | Japan Now Has 10 ORCID Members!
  • ORCIDアップデート(NIIオープンフォーラム2018「ORCIDコミュニティの強化に向けて」)
  • ORCID (JOSS D3 研究における永続的識別子の現状と将来)
  • Transmuted PIDs, expanded coverage!
  • Paper Digest: AI-based article summarization to learn more in less time
  • PIDコミュニティの拡大: チャレンジと新たなイニシアチブ (JOSS 2019 G5 研究ワークフローにおけるPIDの活用)
  • 人工知能がもたらす学術コミュニケーションの変容
  • JpGU-AGU-EGU Great Debate: Impact of research assessment and going forward
  • 異種データの横断検索・分析ツールが切り拓く可能性
  • 人工知能とコラボレーションを通じた 学術コミュニケーションの変革
  • オープンサイエンスと科学データの可能性
  • ORCIDアウトリーチ・ミーティング in 東京
  • ORCID status & updates
  • ORCID adoption in ?research evaluation workflow
  • Comprehensiveness and accuracy of document types: Comparison in web of science and scopus against publisher's definition
  • 研究者識別子ORCID:活動状況と今後の展望
  • The State of Open Data Report
  • ORCIDのコミュニティ展開 : 日本での実装に向けて
  • Blog | 筑波大学が日本で10番目のORCIDメンバー機関になりました
  • Regional Citation Indexes
  • All about Impact Factor(第2回)インパクトファクターをはじめとする雑誌評価指標--放射線科領域を例として
  • All about Impact Factor(第3回・最終回)インパクトファクターとコア・ジャーナル--放射線科領域を例として
  • インパクトファクターの仕組み : 学術ジャーナル指標と論文評価について(特別講演4,第53回日本歯科理工学会学術講演会)
  • 科学の世紀:Web of Science®からよみとる日本の20世紀科学研究
  • 統制語索引と自然語検索を補完する Citation Semantic の効用 (< 特集> 統制語彙・シソーラスの現在)
  • 「サイテーション・インデックス前史」に寄せて
  • Bibliometric characteristics of highly cited papers from Taiwan, 2000-2009
  • Research Collaboration Report
  • ISI公開シンポジウム 研究評価への応用のためのISI社引用分析の展開:その特性,解釈,誤用
  • “高品質な学術情報の収録のために:ジャーナル選択の基準”抄訳および解説
  • 学術論文のインパクト : 引用データの有用性
  • 引用動向からみたレビュー誌およびレビュー論文 (< 特集> レビュー誌の現在)
  • 特許引例の視覚化における考察: ビブリオメトリクス概念の活用 (< 特集> 情報の視覚化)
  • 第 175 回インパクトファクター雑感 (INFOSTA Forum)
  • 引用データからみる薬学関連雑誌の動向分析

Nobuko Miyairi's public data